アスペルガー症候群に関して

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは1944年オーストリアの小児科医ハンス・アスペルガーによって初めて報告されたことに由来します。当時は、第二次世界大戦のためにほとんど注目されていませんでした。1981年イギリスの医師ローナ・ウイングがアスペルガーの発見を紹介し、1990年代に世界中に知られるようになってきました。

 

自閉症の仕分けに低機能自閉症と高機能自閉症があります。一般的には自閉症は低機能自閉症を言いますが、アスペルガー症候群は、この高機能自閉症にあたります。

 

アスペルガー症候群は、「知的障がいがない自閉症」とされています。特徴としては、他人の情緒に対する理解力や自分の感情をボディランゲージや表情などで相手に伝えることが苦手です。つまり、コミュニケーションを上手にとることができにくいのです。また、興味や関心を持つ対象物がかなり限定されます。例えば、鉄道、コンピュータ、数学、天文学、地理、恐竜などが特に興味の対象になります。また、子ども時代に細かな運動能力に遅れを見せることも少なくありません。

 

このような特徴のほかに、感覚的にはかなり多くの負荷がかかっていることもあります。騒音や匂いに敏感だったり、あるいは、接触されることを極端に嫌がったりすることがあります。これらの症状は、集団の場で起きることが多くありますので、集団生活の中で、周囲の子どもたちに理解されず、いろいろなことで問題を複雑にすることもあります。当の本人はいろいろな意味で精神的苦痛を受けています。

 

私たちの周囲にもそういった子どもたちがいるかもしれません。外見上は一般の子どもたちと何ら変わりはないので、周囲は本人の苦痛を十分受け止めることはせず、単に、変わった子どもと見なしてしまうことが少なくありません。

 

ですから、社会全体が自閉症やアスペルガー症候群に関して理解を深め、どの子どももその個性を認め、触れ合っていくようにしていくことが今後の課題と言えましょう。

 

アスペルガー症候群の症状は、対人関係が上手にできない・コミュニケーション能力の遅れ・限定されたものに興味を示す(固定的な行動)があり、自閉症とよく似ています。

 

対人関係の問題
社会的なルールの理解や、場の空気を読む、相手の気持ちを理解することなどが難しく、対人関係を上手に築けません。
みんなが喜んでいるときに一緒に喜んだり、相手の望んでいることを理解したりすることができず、「自己中心的」「空気が読めない」などと誤解をされてしまうこともあります。

 

また、相手を傷つけてしまうことをはっきりと言ってしまうこともあります。
「太っているね」などと、見たそのままを相手がどう思うのか想像できずに言ってしまうことがあります。

 

コミュニケーションの問題
アスペルガー症候群の人は、会話能力は正常ですが、表情や行間を読むことができません。
誰もが言わなくてもわかるだろうと思うことも、言葉で伝えなければわからないのです。

 

会話を、ジェスチャーやアイコンタクト、顔の表情などを交えてできないため、ぎこちなく見えてしまう場合もあります。また、言い方が不適切であったりして、誤解を招いてしまう場合もあります。

 

限定されたものへの興味・こだわり
車や鉄道、コンピューターなど特定のものに興味を持ちます。誰もがあり得ることのようですが、アスペルガー症候群の場合は過剰なまでに熱中します。
興味のあるものに関しては、大量な情報を記憶することも珍しくありません。
特に法則性や規則性のあるものに興味を示す場合が多く、異常なほどの集中力や記憶力、こだわりをみせます。

 

また、規則的な行動にこだわり、決まった道順、決まった手順、決まった日常習慣などがあり、このような本人が決めたルールを変えることを嫌います。
違う道を通ったり、予定を変更したりすると、混乱してしまうこともあります。

 

 

アスペルガー症候群の診断

 

アスペルガー症候群の疑いがある場合、精神科で診断します。
子供の場合は、保健所などで相談し、病院を紹介してもらうと良いでしょう。

 

アスペルガー症候群の診断は社会性の障害・コミュニケーション能力の問題・想像力やこだわりなどの診断基準だけでなく、学校や職場、家庭での様子、本人や家族が感じていることなどをもとに診断します。

 

大人のアスペルガー症候群を診断できる病院は少ない!?
大人のアスペルガー症候群の診断を出来る病院は少ないのだそうです。
不安障害やうつ症状、強迫性障害などの二次障害を発症して、アスペルガー症候群の発見につながる場合もあれば、二次障害の診断が主となり、アスペルガー症候群が発見されない場合もあるようです。

 

アスペルガー症候群の疑いがある場合には、アスペルガー症候群を扱う病院なのか確認してから受診すると良いでしょう。

 

アスペルガー度の簡単なチェック

 

以下の項目のうち、8個以上該当している場合はアスペルガー度が高く、何らかの発達障害である可能性もあります。

 

1.こだわりが強く、何度も同じ場所に行きたがったり何度も同じ遊びをしたがる
2.冗談が全く通じない
3.大きな音が苦手
4.頑固で、納得しないと動かない
5.ある分野に関してはとても興味・関心があり、突き詰めようとする
6.記憶力がよく、些細なことも覚えている
7.幼稚園、保育園に通っていても友達がほとんどいない
8.会話で使う単語力はあるが、口調に抑揚がない
9.偏食が強い